S e e d  O f L i f e

We are living with the earth

   4月 29

春盛り、立夏に向けて

sakura_7832_30p山桜も散り、穀雨(4月20日、太陽黄経・30度)を過ぎた辺りから、立夏(5月6日、太陽黄経・45度)を急ぐように一気に夏日のように気温が上昇する日も多い今日この頃。

takenoko_7777trim
竹林の中に頭を見せ始めた筍を尻目に、田植えの繁忙期に入る前の里山整備に勤しみつつ、苗をしめ、畑に定植する野菜達の苗を育てたりと、日が長くなるにつれて一気にこの時期に行わなくてはならないことが雨後の筍のように増える日々です。noyakii_7861

「苗をしめる」とは、どうも栃木県(あるいは特定の地域)特有の表現のようで、昔は「苗代(なわしろ)しめ」と表現していた、たんぼの一角(苗代)に稲の種を蒔いて苗を作る作業が転じて、「種蒔」の意として使われ、「苗代しめ」がいつの間にか「苗をしめる」が常用となったようです。

毎年、数えきれないほど教えていただくことがあることに、一つのことを教えていただくたびに思い知らされます。
ine_7849

昨年は5月の連休中にもかかわらず遅霜が降りるような気候であったことを思い出し気にしつつ。
寒暖がまだまだ繰り返すように、一喜一憂を繰り返しながら、田植えを無事に終えることができることを内心祈りたくなる日々が暫くは続きそうですが、様々なことも含めて、芽吹く新緑の変化と田圃に張られた水面を観ながら楽しみたい思います。

ホームページに戻るブログページのトップに戻る

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です