S e e d  O f L i f e

We are living with the earth

   11月 23

『偶然』と『御縁』

この地で「農」に携わらせていただくようになり四年目が、色々とはありましたが、新嘗祭前日に何とかもち米の収穫を終えることができ、日々無難に過ごさせていただいています。
当初から単に「農」としての営みのみをというわけではなかったのですが、そのことも徐々に形となって見えて来たように思う今日この頃。その辺りについては、また別の機会にと思います。
年々、様々な出来事が起こる中、今年は強く『御縁』というものを意識させられたお米の収穫でした。
この地に縁いただいた時は、ちょうど3.11『東日本大震災』直後の初夏の頃。そこはかとなく、数年前から自ら作物を育て、自然の溢れる恵をいただきながら仲間と暮らせる場があればと、縁いただいた当初の仲間と思い描いていた折に。
月日が過ぎ、徐々に何とかそれなりに整えさせていただきつつある折に、ふとしたきっかけで、神宮式年遷宮において外宮が遷御(せんぎょ)を迎えた朝(2013年10月5日)に、まだ削り出されたばかりの新しい材の匂いが境内に広がる中、初めて伊勢神宮を訪れさせていただく機会をいただくことができました。
その伊勢に発つ前日に、栃木県内での自然農の集いに参加させていただく機会をいただき、そこでは、1989年に伊勢神宮の神田で発見されたとされる「イセヒカリ」という品種を、栃木県内で育てられている方と縁をいただき、一つの穂を分けていただくことができました。
「イセヒカリ」という品種があること知ったのもその時が初めてであり、静かな興奮を胸に秘め伊勢に発ったことを覚えています。

御領田
1989年に「イセヒカリ」が発見された伊雑宮近くに在る伊勢神宮の神田(2013年10月5日撮影)

その穂から、翌年・2014年には何とか8株の稲に穂を実らすことができ、今年・2015年には約三畝(せ:一畝は一反=約1,000平方メートルの十分の一の広さ)の広さの耕作放棄地から水田に甦った田圃に、参加していただいた皆様の手をお借りして、手植えで定植させていただきました。
2015年の丁度、田植えを迎えた時期に、二年目の栽培を迎えた「ニホンバレ」との苗交換のお話をいただき、手元には粒の大きさが一般的なお米の1.5倍ほどの大きさに実るという「龍の瞳(いのちの壱)」の苗をいただくき、「イセヒカリ」に沿うように植えさせていただきました。

ise&ryuu_20p
収穫期を迎えた「イセヒカリ」(上)と「龍の瞳」(下)

そして、9月の大水等を乗り越えながら実りの秋を迎え、不思議と伊勢神宮と御縁のある方の手もお借りして無事に収穫させていただくことができました。

まだ、どちらの銘柄も口にはしていませんが、単に食べるためのお米ではないような気がしています。その理由は考えても出てこないようにも。
これから、そこそこの収穫をいただいた「イセヒカリ」は天日干しを経て、少し口に入れながらも、「龍の瞳(いのちの壱)」と共に来季に向けた種籾として保管させていただきたいと思います。

この立伏(りゅうぶく=「龍が伏せる地」が転じたとも)という地との縁、地球との縁がいつまで続くかはわかりませんが、ただできること、土に種を蒔き、自然に育まれる作物たちに喜びと楽しみをいただきながら、少しでも末長くと思います。
取り留めの無い内容となりましたが、最後まで目を通していただき有り難う御座いました。

IMG_7879
2015年11月22日、新嘗祭前日の氏神様が祀られる高お神社一の鳥居

ホームページに戻るブログページのトップに戻る

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です